Arban

Arban

Kyoto Jazz Sextet

ARTIST
INFORMATION

Kyoto Jazz Sextet

キョウト・ジャズ・マッシヴ(Kyoto Jazz Massive)の沖野修也がメジャーデビュー20周年を期に発足した本格的ジャズグループ。クオシモード(quasimode)の平戸祐介、DCPRGや菊地成孔ダブ・セプテットに参加する類家心平、マウンテン・モカ・キリマンジャロ(Mountain Mocha Kilimanjaro)の栗原健、松浦俊夫 presents HEXに参加する小泉P克人、ジャズトロニク(Jazztronik)のドラマーとして知られる天倉正敬ら国内屈指の若手ミュージシャンを招集し、レコーディングを敢行。ゲストに菊地成孔を迎え、録音からマスタリングまで全てアナログでの作業にこだわり、Kyoto Jazz Massive(キョウト・ジャズ・マッシヴ)の"Eclipse"の再録音を含む全編BLUE NOTEのカヴァーアルバム『Mission』をリリース。この6人編成の完全生演奏グループは、ジャズとクラブミュージックの融合は勿論の事、新主 流派/モードジャズの再評価、USジャズへの日本からの返答、異なる世代の連携、音楽と写真の異業種交流(国際写真展『KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2015』とも連動)等、さまざまな使命を持っている。