Arban

Arban

鈴木勲

ARTIST
INFORMATION

鈴木勲

1933年東京生まれ。
1956年アメリカ軍楽隊のキャンプでベースを弾く。
東京自由が丘「ファイブスポット」のハウスバンドとして演奏していた時、1970年Art Blakey(アート・ブレイキー)に見出されてBlakeyの待つニューヨークへ単身渡米し、Jazz Messengers(ジャズメッセンジャーズ)の一員として活動。アメリカ全土とヨーロッパを公演。合間をぬってニューヨークのジャズメンと共演し交流を深める。
 
アメリカより帰国しレフリーとして活動していたが、Mal Waldron(マル・ウォルドロン)来日の際の共演で、ピアノトリオの分をわきまえたプレーは高く評価された。外国ミュージシャンとの共演は数知れない。
レコードのリーダーアルバムは、50枚を超えているが、オリジナルアルバム「BLOW UP」(TBM)「陽光」(キング)は、日本ジャズ賞を受賞した。ベースの他、それぞれの楽器の性格を知る為に、いろいろな楽器をマスターする。全ての楽器(セロ、ピアノ、バイブ、フルート、ドラム、ボーカル)にわたって数多くの若手ミュージシャン(日野元彦、渡辺香津美、秋山一将、井野信義、山本剛、益田幹夫、他)を育てる。
 
2009年スイングジャーナルで南里文雄賞を受賞。スイスのインターネットラジオ、Radio Jazz Internationalで世界のジャズミュージシャンから20傑に選ばれ「JAZZ GOD FATHER」の称号をもらう。
 
現在も、鈴木勲 OMA SOUND の中で若手ミュージシャンを育て続けているが、鈴木勲自身は、感性を磨き、日々練習を重ねて進化し続けている。(オフィシャルサイトより引用)