Arban

Arban

関口しんご

ARTIST
INFORMATION

関口しんご

ギタリストコンポーザー/プロデューサー。14歳でギターを弾き始め、20歳から作曲活動を開始。風景や映像の浮かぶ音楽をコンセプトにしたソロプロジェクト vusikこだまかおる(vocal)とのユニット EARTShingo Suzuki、mabanua とのユニット Ovall (現在活動休止中)など様々なプロジェクトで活動中。楽曲制作からレコーディング、ミックスまでを自らこなすマルチクリエイター。
2009年、Ovallのギタリストとしてアルバムリリース前に朝霧JAMに出演。緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させオーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
2010年Hocus Pocus、Wayna、Kenn Starr、Hanah、類家心平他世界中のアーティストが集結し出来上がった1stアルバムはヨーロッパでもリリースされ話題となる。その後FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC、RISING SUN、GREENROOM、SenSet Liveなど様々な大型フェスに出演し注目を集める。
2014年、自身のバンドがスウェーデンより招聘され実現したライブでは老若男女問わず地元のコアな音楽ファンから拍手喝采を浴び大成功を収める。
2015年3月4日、「関口シンゴ」名義で初のソロアルバムをビクターエンタテインメントよりリリース。アルバム収録曲中6曲がタイアップとして起用(CHUMS 2014/2015テーマソング、映画「テラスハウス クロージング・ドア」挿入歌FOCUS 2014 テーマソング、KAGOSHIMA Energetic Japan テーマソング、TOYOTA×マークレビンソンCP)、またiTunes Music Storeで2位(オルタナティブ)を記録、J-WAVE TOKIO HOT100では3曲同時チャートインなど各所で話題となる。また同アルバムでfeatしたオランダのシンガー、ウーター・へメルと意気投合、ビルボードの来日公演ではゲストギタリストとしてウーターバンドに招き入れられジャパンツアーに同行、大成功を収める。プロデューサー、ギタリストとしても柴咲コウ、YOSHIKA、カコイミク、Charaのアルバム、ライブに参加、CM等(J-WAVEジングル、資生堂、みつばち保険)への楽曲提供、プロデュースも積極的におこなっている。