Arban

Arban

mabanua

ARTIST
INFORMATION

mabanua

ドラマー/ ビートメーカー/ シンガーという他に類を見ないスタイルが話題の日本人クリエイター。全ての楽器を自ら演奏し、それらの音をドラマーならではのフィジカルなビートセンスでサンプリングし再構築、Hip-Hopのフィルターを通しながらもジャンルに捉われない音創りが世界中から絶賛される。その唯一無二のスタイルにジュラシック5 のAKIL THE MC、アレステッド・デベロップメントのEshe、Kev Brownらも共感、MySpace を通じ彼らと交友を深めコラボした1stアルバム『done already』は「ヨーロッパ全域の iTunes HIP-HOP のトップページでPICK UPされ、英BBCラジオでOAされるなど各国で話題に。
2009 年、レーベルメイトのShingo Suzuki(Bass)、45 a.k.a. SWING-O(Key.)、渥美幸裕(Guitar)と共に月刊でアルバムをリリースするプロジェクト、laidbookをスタート
1つのテーマに沿ってセッションを繰り広げ、アートと音楽を融合させたソングブックを毎月リリースし続けるという前代未聞の試みが各所で話題となる。また、Shingo Suzuki(Bass/Key)、関口シンゴ(Guitar)と共にバンドOvall(オーバル)としても活動。2009年、バンド名義でのアルバムリリース前にも関わらず大型フェスに出演、緊張感とピースフルな空気が共存するパフォーマンスで場の空気を一変させ、オーディエンスから「今年のベストアクト!」という声が多数挙がった。
2010年、1st アルバム『DON’ T CARE WHO KNOWS THAT』リリース後には全国各地の大型フェスに出演し、アルバムはiTunes HIP-HOP チャートで1 位、タワーレコードbounce年間チャートで総合(洋邦含む)8位を記録し話題に。
2011年に1stミニアルバム『Heart Fever』をリリースし、その人気は不動のものに。
2012年、origami主宰のWebメディア「Oshite(オシテ)」にて2ndミニアルバム『In TRANSIT』を3,000人限定で無料でリリース。
リスナーのみならずミュージシャンやクリエイター陣の間でも反響を呼び、grooveman Spot、Budamunk、Kan Sano他、豪華リミキサー陣によるリミックスアルバム『Re: Ovall』が急遽リリースされた。
また、ヒップホップユニットGAGLE との<GAGLE×Ovall>としても活動開始、アルバム『GAGLE×Ovall』のリリースに加え、全国各地でのライブで定評を得ている。
ソロとしても活躍の場を広げ、Chara、TWIGY、七尾旅人、COMA-CHI、清水翔太、川本真琴、AISHA、Eshe (Arrested Development)、Chet Faker などのプロデューサー、リミキサー、ツアードラマーとしても活躍。
ビートメイカーBudamunk と共に<Green Butter>、タブラ奏者U-zhaan と共に<U-zhaan×mabanua>プロジェクトを始動するなど積極的なコラボワークを展開。
また山嵜廣和(toe)×U-zhaan×mabanua として、中村勇吾ディレクションのもとUNIQLO に楽曲提供。さらに、Tower Records の“No Music, No Life?” キャンペーンにレーベルとして登場。
ライブのみならず、各種メディアへの楽曲提供も多数手掛け、Google、イオン、キユーピー他数々のTVCM やフジテレビ系アニメ「坂道のアポロン」の音楽を制作。
待望の2nd アルバム『only the facts』は発売直後から品切れが続出し、国内外から絶賛され大きな話題なっている。
現在最も注目されている日本人ドラマー / クリエイター。

OFFICIAL WEB SITE
http://mabanua.com