Arban

Arban

mouse on the keys

ARTIST
INFORMATION

mouse on the keys

日本におけるポストハードコア/ポストロックシーンのパイオニアバンドのひとつであるNine Days Wonder(ナイン・デイズ・ワンダー)の元メンバーであった川崎昭(Drs, Pf.)と清田敦(Pf., Key)により、2006年に結成。

2007年、日本のインストポストロックの雄toe(トー)の主宰するMachupicchu Industriasよりファーストミニアルバム『sezession』をリリース。この頃、新メンバーとして新留大介(Pf., Key)が加入し現在のトリオ編成が形成される。

2009年、ファーストフルアルバム『An Anxious Object』をリリース。東京の街並みを中心とした映像をバックに投影しながらDrum+2pianos+2Keyboardsから繰り出される繊細かつダイナミックなライブが評判を呼び、同年9月に渋谷O-eastにて行われたAn Anxious Objectリリースツアーファイナルはソールドアウト。以降、朝霧JamやKaikoo、Taicoclubなどの野外フェスティバルに多数出演するようになる。

2010年3月、『sezession』と『An Anxious Object』を海外リリース。それに伴いEU圏を中心にツアーを行い、延べ10,000人を動員し好評を博す。

2011年3月に行われた3回目のEUツアーの模様を収めた初のDVD作品『irreversible』を同年9月にリリース。このツアーの際に、mouse on the keys×灰汁による完全一発録りのライヴセッション4曲を音源化し、DIY hearts、iTunes Store、OTOTOY、レコチョクにてネット配信限定リリースし、東日本大震災の被災者に一部手数料を除いた全額を義援金として寄付を行う。

2012年7月18日ニューEP「Machinic Phylum」をリリース。JT缶コーヒーRoots AROMA BOTTLE CM曲やUSアンダーグラウンドハウスシーンを牽引する存在Levon Vincentとのコラボレーション曲「Memory」など全4曲収録。リリースツアーに伴い、その活動圏をアジアへと広げ、タイワン、ホンコン、マニラ、クアラルンプール、シンガポールでの公演は各地で反響を呼んだ。

2013年5月にはカナダツアーを行い、6月25日新興のアナログ専門レーベルRetalkより、第1段リリースとして『mouse on the keys REMIXES』を発表。kuniyuki / Calmによるリミックスが収録された。

2014年7月、ブラジルでの単発公演(feat.thiago franca)を大盛況のもとに成功させ、2015年には待望のセカンドフルアルバムがMule Musiqよりリリースされる。