Arban

Arban

小林香織

ARTIST
INFORMATION

小林香織

  サックス&フルート奏者、作曲、編曲、プロデュース。1981年10月、神奈川生まれ東京育ち。ピアノ教師である母親とカメラマンの父親の間に生まれ、中学1年生から吹奏楽部でフルートを始める。

 高校2年生の時、サックスの音色や演奏スタイルに感銘し、アルト・サックスを始める。クラシック・サックスを原ひとみ氏に師事。その後ジャズに傾倒、ジャズ・サックスをボブ・ザング氏に師事。在学中より都内のライブハウス等で定期的に演奏すようになる。

 2004年、洗足学園音楽大学ジャズコース卒業の翌年の2005年4月ビクターエンタテインメントより「Solar」でデビュー。現在までに9枚のアルバム、1枚のベスト盤とライブDVD、譜面集を発表、日本全国のライブハウスやジャズフェスティバルに出演するほか、テレビやラジオにも多数出演。台湾、韓国、中国、タイでもアルバムが発売され、公演を行う。

2010年、YouTubeにアップされた動画「Nothing's Gonna Change My Love For You」が世界中で当時300万回のアクセスを突破(2014年600万回突破)新聞テレビに取り上げられ、一躍日本全国に名前が知れわたる。

 2011年8月、タイと台湾にファンクラブが出来、台湾のライブハウスでファンミーティングを開催。会場に入りきれなかったファンがあふれた。

 2012年1月、タイで“The Most Beautiful Saxophonist in Asia”を受賞。再び日本のマスコミで話題になる。同年2月、作編曲を含むセルフ・プロデュースアルバム「SEVENth」を、日本・台湾・韓国・シンガポール・香港で発表。4月母校である洗足学園音楽大学ジャズコースの非常勤講師に就任。東北を回るツアーとともに、石巻などの被災地を津軽三味線の浅野祥氏と訪問。8月-9月、札幌を含む全国のジャズフェスに出演。11月、香港STAR HALLでの単独コンサートを大盛況に終える。12月、太田市主催の大学ジャズフェスティバルの司会とゲストパフォーマンスを努める。

 2013年2月、R&Bをコンセプトにした8枚目のアルバム『Urban Stream』を日本、台湾、香港、シンガポールで発売。台湾では3年連続ジャズ・チャートの1位を獲得。3月アジア最大のジャズ・フェスティバル、インドネシアのジャカルタで開催された「Java Jazz Festival」に出演、好評を博し地元新聞の一面をバーシアらとともに飾り、10月台湾台中市で行われた「台中・ジャズ・フェスティバル」では、50,000人以上と言われる観衆の前でゲスト・ショーを行い大喝采を浴びた。

 2014年5月、9枚目となるセルフ・プロデュースアルバム『SPIRIT』を日本、台湾、香港、シンガポールでリリース。現在、洗足学園音楽大学ジャズコースの非常勤講師を勤めるとともに、J-POPのレコーディングや自ら結成したガールズ・ロック・バンドBlack Berrys、女性サックス奏者4人のサキソフォン・カルテット、ジャズ・トリオとのジャズ・フレーバーの活動や泉谷しげるロック・オーケストラへメンバーとしての参加などジャンルを問わず幅広く活動している

 2015年6月24日10枚目のアニバーサリィアルバム『STORY』をリリース。