Arban

Arban

野崎良太/Jazztronik

ARTIST
INFORMATION

野崎良太/Jazztronik

 Jazztronikとは野崎良太が率いる特定のメンバーを持たない自由なミュージック・プロジェクト。ジャンルに縛られない数々の作品のリリースし、アーティスト、ピアニスト、作編曲家として確固たる地位を築いている。

 “箱根彫刻の森美術館40周年記念音楽”にサード・ピアノ・ソロ・アルバム『bird of passage』の収録曲が、映画「死刑台のエレベーター」の主題歌に「ベットタイムストーリーfeat.YUKI」が抜擢されたほか、2011年1月に発売されたLEXUSのコンパクトハイブリットカーCT200hのナビゲーター“世界でも活躍する新進気鋭の音楽家”としてWEB、雑誌広告等で大量露出されるなど、多方面からオファーが絶えない。

 映画「宮城野」、ドラマ「未来講師めぐる」、「Love Game」、「Real Clothes」、「逃亡弁護士」、「鴨、京都へ行く」、「First Class」などの映画、ドラマ音楽も数多く担当し、クラシック、ジャズ、クラブミュージックだけにはとどまらない独自の音楽性は増々進化し続けている。

 サウンド・プロデューサー、リミキサー、ミュージシャンとしても数多のアーティストとコラボレーションを重ねており、葉加瀬太郎、布袋寅泰、TRF、クリスタル・ケイ、ゴスペラーズ、山崎まさよし、椎名林檎、Coming Century、flumpoolなど…例を挙げると枚挙に暇がない。

 海外では12インチ・シングル「Dance with me 12"ver/SAMURAI」がダニー・クリビット、ルイ・ヴェガなどの多くのトップDJに支持を受け、Chez musicより12インチ・シングル「SAMURAI-侍」がアメリカ及びヨーロッパ各地でリリースされスマッシュ・ヒット。世界一のダンス・ミュージック・レーベルDefectedの大ヒット・ミックスCD・シリーズ『In The House』を日本人アーティストとして初リリースし、全世界のダンス・ミュージック・ファンを魅了。ロンドン、マンチェスター、ニューヨーク、パリ、エジンバラ、ローマ、フィンランド、スロバキア、エストニア、リトアニア、クロアチア、アイルランド、韓国、上海、シンガポールなどでライブ、DJとして出演。そのほかにも「Southport Weekender」、「Kaunas Jazz、Jazzakarr Fess」などの海外人気フェスにも招聘され大好評を得た。

 ロング・ラン・パーティー「Jazztronica!!」をDJとして全国各地で開催するほかにも演奏家、作編曲家として音楽会「The Fileds」をスタートするなどその活動は多岐にわたる。

 2013年に自身のレーベル七五三Recordsを立ち上げ『Jazztronik Studio Live Best』、2014年に『Cinematic』リリースする等引き続きとどまる事を知らない活躍をしている。

 Inter FMにてレギュラーラジオ番組「The Filelds~寝れない人への処方箋~」(毎週日曜日24時~25時)もOA中