Arban

Arban

熊谷和徳

ARTIST
INFORMATION

熊谷和徳

 77年仙台市生まれ。タップダンサー。15歳でタップをはじめ19歳で渡米。NYU心理学科に通いながら、ブロードウェイのショウ『NOISE/FUNK』の養成学校でプロフェッショナルなトレーニングを受ける。惜しくもビザの関係で出演は果たせなかったが、同時期グレゴリー・ハインズに出会い絶賛される。その後、ニューヨークの地下鉄、ストリートからKnitting Factoryのようなジャズ・クラブまで独自の活動を広げ、ニューヨーク・タップ・フェスに9年連続出演。NYタイムスなどにもたびたび取り上げられ、VILLAGE VOICE紙では『日本のグレゴリー・ハインズ』と評された。06年、米ダンスマガジンにおいて『世界で観るべきダンサー25人』のうちの一人に選ばれる。
 現在ではニューヨークと日本を二大拠点とし、日本では日野皓正、coba、上原ひろみ、金森穣、ハナレグミ、DJ Krushなどとの革命的セッションを提示。またリチャード・ボナ、クリスチャン・スコット、オマール・ソーサなど海外のミュージシャンとの共演も数多い。ソロ公演では青山円形劇場、シアターコクーン、国際フォーラムを即日ソールド・アウトにするタップダンサーとしては異例の動員数を持つ。
 06年にはMIHARA YASUHIROミラノコレクションの音楽をすべてタップの音で演出。
 07年から09年にかけては、タップのルーツであるアフリカ・セネガル、さらにはパリ、ドイツなど活動の幅を広げる。
 2010年8月には東京フィルハーモニー・オーケストラとの画期的なソロ公演「REVOLUCION」を大成功に導いた。また、東京に自身のスタジオ“KAZ TAP STUDIO”を持ち、地元仙台においては仙台市文化事業団と共に後進の育成のためのプロジェクト“KAZ TAP STUDIO”を行い、タップの楽しさと文化を広めるため日本全国でのワークショップを勢力的おこなう。
 2012年、文化庁の助成を受け再びニューヨークに拠点を移し、アメリカを中心にアジア、ヨーロッパでの活動をはじめ活動の場を世界中に広げている。
 2014年1月、凱旋公演としてBunkamuraオーチャードホールにて3日間の公演『DANCE TO THE ONE』を行ない大成功を収める。4月にはイタリアにてミラノサローネのアート・インスタレーションに出演し、地元メディアをはじめ大きな話題を集めた。
 そして今年5月には、ニューヨークにおいて毎年開催される「NATIONAL TAP DANCE DAY」において“2014 Flo-Bert Life Achievement(生涯の功績を讃える)賞”を受賞し、9月に再びBunkamuraオーチャードホールにてソロ公演『HEAR MY SOLE』を行い大成功を収めた。
 熊谷は、グレゴリー・ハインズ、バスター・ブラウン、ジミー・スライドをはじめニューヨークで彼自身が出会った今は亡きタップ・マスター達に感謝を捧げ、また東北出身者として被災した彼の故郷へいつも想いを馳せている。そして独自の唯一無二のアートは日々進化し、新たなタップダンスの未来を創造している。