Arban

Arban

EDDIE C

ARTIST
INFORMATION

EDDIE C

カナディアン・ニューディスコ・マスター、Eddie C(エディ・C)。2009年以降、Red MotorbikeやJiscomusic、7 Inches of Love、Lumberjacks in Hell、そして、日本のCrue-LやEndless Flightなどから数多くの傑作をリリース。そのディープで美しいグルーヴに彩られた彼の楽曲は、リアルアンダーグラウンドシーンを中心に、世界中のDJ達がこぞってプレイ。また、レコードをこよなく愛し、エクレクティックで情熱に溢れた彼のDJセットは、ここ日本でもカルトな人気を誇っている。

デトロイトとモントリオールの中間に位置する南オンタリオで育った彼は、80年代後期から音楽にハマり、ヒップホップや当時急速な盛り上がりを見せていたアシッドハウスシーンに影響を受け、深夜のラジオ番組をテープに録音、エディットなどをしていたが、ほどなくして、直に音楽に触れる為にレコードショップやウェアハウスパーティーに通い始めるようになった。以来、レコード掘りやDJ、楽曲制作に励むようになったのだが、同時にスキーにも情熱を注いでいたため、カナダのロッキー山脈で10年間(!!)過ごしていたこともあった。10年もの長い間、ログハウスの中にあるスタジオでじっくりと内省した結果、彼は現行ダンスミュージックの聖地ベルリンへ活動拠点を移し、更なる活躍を見せることとなる。2013年に発表した2ndアルバム『Country City Country』では、ビートダウン、スローモーハウス、ニューディスコを軸にしつつ、インストヒップホップやロービート、ダウンテンポも展開するなど、ダンスフロア~リスニングまで対応する実に多彩な世界観を披露。そして今春には、自身主宰のRed Motorbikeから初となるレーベル・ショウケース的アルバムを、2枚組のレコードとカセットテープでリリースして話題を呼んだ。