Arban

Arban

Anchorsong

ARTIST
INFORMATION

Anchorsong

 MPC2500とキーボードを駆使し、オーディエンスの目の前でリアルタイムに楽曲を打ち込んでいくという独特のライブパフォーマンスを武器に、2004年9月より活動を開始。Youtubeにアップされたライブ動画が国内外で話題を集める。
 2007年5月17日、初音源となる『The Storytelling EP』を発売。ジャンルの垣根を超えた幅広い層からの支持を集め、異例のロングセールスを記録するも、さらなる飛躍のために、同年10月に活動の場をロンドンに移す。その個性的なライブパフォーマンスは、エレクトロニックミュージックの本場においても瞬く間に話題となり、ボノボ、プレヒューズ73、デイダラス、クラーク、ジャガ・ジャジスト、DJ Krushなどのサポートに抜擢される。
 2009年1月、セカンドミニアルバム『The Bodylanguage EP』をLastrum Music Entertainmentより発売。同年3月にはアメリカはテキサス州、オースティンにて開催された音楽フェスティバル、 SXSW (サウス・バイ・サウス・ウエスト)に、UKベースのアーティストとして出演。 そこでのライブパフォーマンスがBBC Radio 1にてDJを務めるHuw Stephensの目に留まり、BBC Introducingにて楽曲が度々紹介される。
 2010年1月には、故ジョン・ピールが数々の名セッションを生み出したことでも知られる歴史的スタジオBBC Maida Valeに招聘され、同番組のためにレコーディングセッションを敢行する。2010年6月9日、3作目となる『The Lost & Found EP』を、Lastrum Music Entertainmentからリリース。
 2011年3月28日には自身のレーべルCase Studyより、同作をワールドワイドにリリースし、アメリカのNYLON MagazineやThe Creators Projectに取り上げられるなど、大きな反響を呼ぶ。7月には、UKの老舗レーべルTru Thoughtsとの契約を発表し、ファーストフルアルバム『Chapters』を同年11月にワールドワイドリリース。ファーストシングルの「Plum Rain」が世界最大級の音楽ブログランキングThe Hype Machineのトップ40にランクインするなど、世界中の耳の早いリスナーからの注目を集める。
 2012年にはヨーロッパ、そして日本国内でツアーを敢行。「Sonarsound Tokyo '12」や、ヨーロッパ最大のベースミュージックフェス「Outlook Festival」、「Boiler Room」に出演を果たすなど、ライブアクトとしての実力を広く知らしめることとなる。
 2014年8月18日には、イギリスの老舗レーベルBBEより、ミニアルバム『Mawa EP』をリリース。同作で示した新たな方向性は、ジャイルス・ピーターソンによって「素晴らしい才能」と評されるなど、様々な層からの支持を獲得した。
 2016年1月22日、約4年ぶりとなるセカンドアルバム『Ceremonial』を、Tru Thoughtsより世界同時リリースする。


■オフィシャルサイト
http://anchorsong.com/