Arban

Arban

ATOMIC

ARTIST
INFORMATION

ATOMIC

アトミックは2000年に結成されすぐさま2枚のスタジオのアルバムFeet Music (2002)とBoom Boom (2003年)を発表。耳の肥えたリスナーと各種媒体のミュージックレビューによって一躍シーンの話題をさらう存在となりました。各プレイヤーが持つ力強いエネルギーを軸としながらも透明性のある美しいメロディーが特徴的な北欧ジャズの卓越した技巧に裏打ちされた豊かな表現力も同時に兼ね備えています。当初は「北欧ジャズサウンド」の中では異色の存在だった彼らが現在ではECMなどのレーベルが「ノルウェーサウンド」として認知させるにしたがい、現在ではシーンを代表するグループとして活躍を魅せています。アトミックは、あくなき探究心のもと、北欧からヨー ロッパジャズの特性を持ちつつ、アメリカのエネルギッシュなフリージャズも大胆に取り込んで、時に静寂と透明感に満ち、爆発的でありながら優雅な気品も携えた素晴らしいサウンドを披露してくれます。

Atomic was established in 2000 and already after their first two studio albums Feet Music (2002) and Boom Boom (2003), both their growing audience and music reviewers alike began to perceive them as an original flavor with an entirely individual energy that few Scandinavian jazz groups could match. Even though initially thought of as a sort of rebellion to the quaintness of the “Scandinavian Sound” which had become exemplified by Norwegian artists on labels such as ECM, Atomic found themselves becoming a new sort of unique sound on their own. An explosive blend of American free-jazz with European characteristics is how some reviewers have described them. Or better yet, “part academic lecture, part a fun night out on the town”, is how the band describes themselves, and is what makes their sound truly Atomic.


Member メンバー:Fredrik Ljungkvist フレドリック・リュンクヴィスト(reeds リーズ)/ Magnus Broo マグナス・ブロー(trumpet トランペット)/ Håvard Wiik ホーヴァル・ ヴィーク(piano ピアノ)/ Ingebrigt Håker Flaten インゲブリクト・ホーケル・フラー テン(bass ベース)/ Hans Hulbœkmo ハンス・フルブックモ(drums ドラムス)