Arban

Arban

小沼 ようすけ

ARTIST
INFORMATION

小沼 ようすけ

秋田県出身。1995年、「ヘリテージ・ジャズ・ギター・コンペティション」日本代表、ナッシュビルで行われた世界大会で3位になったことを皮切りに、1999年、「ギブソン・ジャズ・ギター・コンテスト」にて優勝し、2001年にアルバム『nu jazz』でソニーミュージックよりデビュー。アメリカで流行していたジャムバンドシーンにリンクしたオルガンサウンドとファンキーなギターによるグルーヴジャズスタイルの作品により、瞬く間に脚光を浴びる存在となった。ジャズギタリストとしての矜恃と真摯に向かい合うべく制作された4作目『スリー・ブライマリー・カラーズ』(2004)では、リチャード・ボナ(B.)、アリ・ホーニッグ(Drs.)とともに三位一体となった真剣勝負を繰り広げ、次世代のジャズギターをリードする新しい個性として名乗りを上げることに成功した。その評価は、日本最大のジャズフェスティバル「東京ジャズ」に2005、2006年と2年連続で出演、2007年にはジャカルタで行われた「JAVA JAZZ FESTIVAL」に招待されたことからも窺い知ることができる。同年、小沼はロサンゼルスにて名匠アル・シュミットをエンジニアに迎え、ギターとともに生活の一部としているサーフィンにインスパイアされた6作目『ビューティフル・デイ』を制作。自分色を加えた新しいサウンドは、“サーフ・ミュージックへのジャズからの回答”と評された。以降、サーフ系フェスティバルからの招待や、サーフィン雑誌からのインタヴュー取材など、既成のジャズの殻を打ち破るオリジナリティのあるジャズギタリストの道を歩んでいる。
『ビューティフル・デイ』のコンセプトを発展させて、カリブ諸島グアダループのリズム”グォッカ”を取り入れたダブルパーカッション編成による”ジャムカ”。最新作は2014年、ベスト盤を含んだ9作目となる『GNJ』をリリース。「JAZZ JAPAN AWARD 2014」のアルバム・オブ・ザ・イヤー高音質部門を受賞。ジャンルの壁を越えて常に進化する奏法で観客を魅了し続ける唯一無二、世界に発信するカリスマギタリスト。