Arban

Arban

泉川 貴広

ARTIST
INFORMATION

泉川 貴広

1986年10月18日生まれ。北海道札幌市出身。大阪でジャズピアニストとして4年間プロ活動を行った後、大学卒業と同時にニューヨークへ渡り、現地のミュージシャンとセッションやバンド活動を重ねる。2011年に帰国後、活動の拠点を東京に移す。この頃からハービー・ハンコックやスティービー・ワンダーの影響を受け、ジャズのハーモニーやアンサンブルの形を残しながらエレクトリックのサウンドを取り入れ始める。自己のグループ「エレクトリックジャズトリオ」でアコースティックとエレクトリックの融合に挑戦。その後、ピアニスト佐野観のトラック作りに感銘を受け、ソウル音楽のビートも自分の作品に取り入れ始める。
2012年、自分が最も力を入れてきたジャズピアノの可能性を追求するため、ピアノソロライブを頻繁に行い、翌年2013年には大手ピアノメーカーKAWAIとのコラボレーションでソロアルバムを録音、全国のコンサートホールで2年連続行われたソロピアノツアーを成功させる。またTVコマーシャルへの曲の提供も数多く行う。
2014年秋から再び活動拠点をニューヨークに移す。ジャズのハーモニーと、エレクトリックのサウンドやビートを組み合わせた楽曲作りなどの創作活動に取り組む一方、グラミー賞を受賞したTimothy Bloomのバンド等での演奏活動も多数行う。
自分自身の新しいサウンドを追求しつつ、メロディーや曲のメッセージをより活かせる音作りを目指している。