Arban

Arban

George Benson

ARTIST
INFORMATION

George Benson

 1943年3月22日ペンシルバニア州ピッツバーグ生まれ。
 
 1964年Prestige Recordsに初リーダー作『The New Boss Guitar』を吹き込み、注目を浴びる。その後、名ギタリストの
ウェス・モンゴメリー(WesMontgomery)の死去により、ウェスの代役としてCTIでレコーディングし人気を集める。しかし何といってもジョージ・ベンソン(George Benson)のスターとしての地位を築いたのが、トミー・リピューマ(Tommy LiPuma)のプロデュースである<Warner Bros. Records>移籍第1弾の『Breezin'』(1976年) 。ポスト・ウェス・モンゴメリーとしてのベンソンがアルバム収録曲「Masquerade」でヴォーカルをとり、新境地を開拓。この『Breezin'』が大ヒット、ミリオンセラーを記録、そして同年度のグラミー賞において2部門受賞する。
 
 その後も「IN FLIGHT」(1977年) とTommy LiPumaのプロデュースで名作をリリースする。また、1980年には名プロデューサーのQuincy Jonesのプロデュース作品の名作『Give Me the Night』をリリースし大ヒットし。ジャズはもとより、ブラコン、R&B、ポップスのヒットメイカーとしての地位を不動にする。
日本においては、ベストアルバム『G.B.コレクション』(1981年) 収録の「Turn Your Love Around」が某オーディオメーカーのCF曲になり、Benson自身もCFに出演する。この曲は日本のラップグループ、EAST END×YURIがサンプリングし、話題になったのは記憶に新しい。この他にもビールのCF「Gran New World」(日本のみリリース) が大ヒットした。
 
 1993年の「Calling you」を最後にWarner Bros. Recordsを移籍し、1995年GRPレコードと契約。同年9月GRPのトップスター達によるビートルズナンバー集「Beatles Celebration」で「The Long And Winding Road」を披露した。
 
 そして1996年に「That’s Right」を、1998年「Standing Together」、2000年「Absolute Benson」をリリース。
 
 2003年にはLee Ritenourの最新作『A Twist Of Motown』中の「Inner City Blues」でも圧巻なプレイを披露していた。
 
 2008年、東京ジャズ2008で来日公演を果たし、貫禄のあるショーを披露した。
UNIVERSAL MUSIC JAPANより転載)