Arban

Arban

Natalie Cole

ARTIST
INFORMATION

Natalie Cole

1950年2月4日、ナット・キング・コール(Nat King Cole)の次女としてカリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。幼い頃から父の音楽に囲まれて育ち、11才でステージデビュー。大学卒業後にクラブ歌手として活動するうち、カーティス・メイフィールド(Curtis Mayfield)を介して<キャピトル・レコード>と契約し1975年にデビュー。デビュー作『インセパラブル』は、同年度のグラミー賞「最優秀新人賞」と「最優秀R&Bヴォーカル賞」に輝き、ゴールドの売上げを獲得。翌76年『ナタリー』でも再びグラミー賞を獲得するなど、すべてのアルバムがゴールドやプラチナとなり、名実共に大物歌手の仲間入りを果たした。80年代に入ると、しばらくの間アルバム制作を休止したが、87年『永遠の夢』で第一線に復帰。91年、父ナットへ捧げたスーパーアルバム『アンフォゲッタブル』を発表。同年度のグラミー賞で「レコード・オブ・ジ・イヤー」「アルバム・オブ・ジ・イヤー」など7部門を授賞。その後も、『テイク・ア・ルック』や『スターダスト』といった大作でグラミー賞を獲得。父に勝るとも劣らない人気と評価を確立した。近年は音楽活動と並行して、熱帯雨林基金、小児糖尿病基金、アメリカ赤十字などの慈善福祉活動にも力を注いでいる。2000年には初の自伝『エンジェル・オン・マイ・ショルダー』を発表した。(UNIVERSAL MUSIC JAPANより転載)