Arban

Arban

ジャズマンのファッション 第1回 ビル・エヴァンスのメガネ
COLUMN2017.08.04

ジャズマンのファッション 第1回 ビル・エヴァンスのメガネ

川瀬拓郎

現在のハリウッドスターやポップスターがそうであるように、かつてジャズマンはファッションリーダーとしての役割も担っていた。そんな彼らのスタイルは、その音楽と同様、現代でもさかんに引用されている。本連載では、そんな「ジャズの名盤レコードのジャケット写真として遺され名演とともに記憶されたファッション」について、さまざまなテーマで考察していきたい。

VIEW MORE
仕事を休んででも行くべきライブ #02
COLUMN2016.05.18

仕事を休んででも行くべきライブ #02

後藤雅洋×柳樂光隆

会社や学校を休んででも行きたいライブがある。そんな「見逃せないステージ」や「いま見ておくべきミュージシャン」を紹介するこのコーナー。今回の物件は、ハイエイタス・カイヨーテ。一般的には「無名」のこのバンドを、いま世界中のミュージシャンやハードコアな音楽ファンが注視している。彼らを虜にする要因は何なのか?

VIEW MORE
音楽/映画覚書 
阿部和重
COLUMN2016.03.30

音楽/映画覚書
阿部和重

阿部和重

 今回から少し趣向が変わり、取り上げる作品の選定は編集部がおこなう。その一本目として注文を受けたのは、1990年に発表されたジャン=リュック・ゴダール監督作『ヌーヴェルヴァーグ』である。筆者にとっては公開当時(ウィキペディアによると、日本初公開は1991年11月11日)以来の再見となるから、約25年ぶりに見直すことになる。

VIEW MORE