Arban

Arban

Column with 裏アーバン ARBANスタッフがみつけた“なごみ系”トピック

裏アーバン

COLUMN
INFORMATION

海外の「ジャズフェスCM」集めてみました


 アメリカで放映された“ジャズ・フェスティバルのテレビCM”を徹底サーチ。古くは80年代から、ごく最新のものまで、手法も趣向もさまざま。ただの告知なのに、なぜか何度も見たくなる“30秒のメッセージ”集です。

まずは80年代のテレビCMから。ニューヨークで開催されていた、超有名夏フェス。


クール・ジャズ・フェスティバル


 放送は1982年。シンプルで力強い構成。チャック・フィンドリーら、名うてのミュージシャンを起用した力作。レトロ感も含め、最高です。
 
 ちなみに「ジャズフェスのCM」は、いくつかのパターンに分類できます。まずは現代の、ごく一般的な(アメリカのローカル)ジャズフェスCMから見ていきましょう。どの地方でも圧倒的に多いのがこのパターンです。
 

デントン・アーツ&ジャズ フェスティバル(テキサス州デントンで開催)


 

サウスベンド・ジャズ・フェスティバル(インディアナ州サウスベンドで開催)


  大きな特徴は4つ。まずナレーションは渋い男性声。そして「今回の出演者」をアーティスト写真(静止画)で挿入。さらに、「前年の会場風景」をふんだんに使用。最後に「協賛企業のロゴ」を連発。これが基本パターンです。
 しかし、同じ手法でも、有名人が多数登場して、なおかつナレーションが落ち着いた雰囲気の女性だと、一気に洗練されます。
 

リッチモンド・ジャズ・フェスティバル(バージニア州リッチモンドで開催)

 
 さらに、もうちょっと頑張って「出演者はすべて動画」で「曲をたくさん使用」すると、こうなります。
 

ロウカントリー・ジャズ・フェスティバル(サウスカロライナ州ノースチャールストンで開催)


  ここまでが(全世界的に)もっとも多いパターンです。一方、伝統ある有名ジャズフェスになると、ちょっと豪華&おしゃれになります。
 

モントレー・ジャズ・フェスティバル(カリフォルニア州モントレーで開催)


  あのエスペランサ・スポルディングより、素人女性の登場時間の方が長かったりして、なんか“余裕”って感じです。もう、ナレーションすら入ってきません。しかし、上には上がいます。スポンサーはおろか出演者すら紹介しない、独自の表現で勝負するジャズフェスCMがこれ。
 

サンフランシスコ・ジャズフェスティバル(カリフォルニア州サンフランシスコで開催)


  いかついローライダーも“どジャズ”は大好き。でも、イマっぽい不良キャラも守らなければならない……。モダンジャズのチャーミングな側面と中毒性の高さを、わずか30秒のドラマで表現した傑作。ジャズが流れている間だけ見せる3人の笑顔も素敵です。このサンフランシスコ・ジャズ・フェスティバルは、他の年も一貫したコミカル路線。続けて2本どうぞ。
 


 いずれも西海岸のランドマークを効果的に使用してます。さて、その一方で、出演アーティストを大胆に起用するパターンも。
 

デトロイト・ジャズフェスティバル(ミシガン州デトロイトで開催)


シンガーのシリル・エイメー出演!

 
こちらは大御所、ロン・カーターが出演!しかも、粋なセリフを語らせ、演奏までさせてます。
 
 
以上、なぜか何度も見たくなるジャズフェスCM(アメリカ編)でした。