Arban

Arban

Column with ジャズマンのファッション 第1回 ビル・エヴァンスのメガネ 川瀬拓郎
第1回 ビル・エヴァンスのメガネ

イラスト/シマジマサヒコ

ジャズマンのファッション 第1回 ビル・エヴァンスのメガネ

COLUMN
INFORMATION

ジャズマンのファッション

第1回
ビル・エヴァンスのメガネ

イラスト/シマジマサヒコ

 

 

 現在のハリウッドスターやポップスターがそうであるように、かつてジャズマンはファッションリーダーとしての役割も担っていた。そんな彼らのスタイルは、その音楽と同様、現代でもさかんに引用されている。本連載では、そんな「ジャズの名盤レコードのジャケット写真として遺され名演とともに記憶されたファッション」について、さまざまなテーマで考察していきたい。

 
 メガネがトレードマークのジャズマンといえば……ハービー・ハンコックや、ジョー・ヘンダーソン、あるいは往年のディジー・ガレスピーが思い浮かぶ。が、その筆頭に挙げるべきは、やはりビル・エヴァンスではないか。そして「ビル・エヴァンスのメガネ」と聞くと、多くの人は『ポートレイト・イン・ジャズ』のジャケット写真を連想するのではないだろうか。歴史的な名作として、そのサウンド面は世界中の識者によって語られてきた『ポートレイト・イン・ジャズ』だが、本稿のテーマはファッション。「あのウェリントン型メガネは、一体どこのブランドなのだろうか?」というのが今回のお題である。

 さっそく『ポートレイト・イン・ジャズ』(1959年)の“メガネだけ”をじっくり観察してみよう。まず、フレームの上部は黒緑。アンダーリムにかけて透明にグラデーションしている。左右のレンズをつなぐブリッジはキーホール型(通称:キーホール・ブリッジ)。リム正面の左右両端にはダイヤ型の飾り鋲がついている。
 リサーチしてみると、それは米国ブランド「TART OPTICAL(以下、タート社)」の“アーネル”というモデルではないか? という記事を発見。確かに前述したディテールのすべてを備えているし、フレームのフォルムも限りなく近い……。しかも“タートのアーネル”といえば、ミュージシャンや映画俳優に愛用者が多いと聞く。

 しかしその一方で「タートのアーネル説」に異論や疑問点を挙げるヴィンテージ眼鏡マニアも存在するようだ。そこでまず、世界でも有数のストック数を誇り、業界内でも独自のポジションを確立している表参道のショップ、ソラックザーデに検証を依頼。ヴィンテージ・アイウェアに圧倒的な見識と経験を持ち、世界各地を飛び回っている代表の岡本龍允氏に訊いた。

「いくつか推論があるようですが、『ポートレイト・イン・ジャズ』のジャケット写真でビル・エヴァンスがかけているメガネは、アメリカン・オプティカル社のものです」

 やはりタート社の“アーネル”ではない? その根拠を出してもらう前に、当時のアメリカの“メガネ事情”について。さらに、疑惑のアーネルについて岡本氏はこう解説する。

「まず、この(ビル・エヴァンスがかけている)ようなセルフレームのメガネが一般的に普及するのは1950年代以降なんですが、それ以前(40年代)はメタルフレームのラウンド型かオーバル型が主流でした。当時、メタルフレームの製造は特殊な技術・加工が必要で、これを担っていたのが先ほどのアメリカン・オプティカル社や、シュロン社、ボシュロム社といった大手メーカーでした」

 そんな寡占状態の米メガネ業界だったが、第二次世界大戦後に新興勢力が登場したという。

「戦後に登場した新興ブランドの多くは、メタルよりも加工が容易なセル素材に注目しました。1948年に創業したタート社もその一つで、先ほどの(筆者が“ビルのメガネではないか?”と推察した)アーネルは、同社の人気モデルの一つ。50年代に入ってからもしばらくはメタルフレームが一般的だったため、タートのようなセルフレームは非常に斬新で個性的なメガネとして、当時の俳優やミュージシャンたちに好まれました」

 事実、タート社の“アーネル”はジェームズ・ディーンに愛用されたことでその名を歴史に残し、同社の別モデル“ブライアン”はウディ・アレンの知的なイメージを決定づけた(※1)。では、なぜ岡本氏は「ビル・エヴァンスのメガネは“アーネル”ではない」と分析するのだろうか?

「確かにこれはアーネルと非常によく似ています。ちなみに、アーネルを作っていたタート社は当時、ごく小規模なブランドで流通量も限られていました。一方、大手であるアメリカン・オプティカルは、こうした新しいデザインにも対応することができ、多様なセルフレームを大量に販売していました。アーネルに似たデザインだけでも、約10種類も展開していたほどです。これらのモデルのデッドストックを入手して検証した結果、ビルがかけているメガネとぴったり合致するモデルを発見しました。それがアーネルと非常によく似た、アメリカン・オプティカル社の製品だったのです」



 ヴィンテージ・アイウェアに精通した岡本氏の導き出した結論は、非常に納得させられるものだった。加えて、現在ではトラッドなデザインの代表であるウェリントン型のセルフレームが、当時は“斬新なもの”として受け入れられていたことも注目に値する。
 他人とは違ったインパクトあるメガネを求めた結果、ビルはアメリカン・オプティカルのセルフレームを選んだ。そう推察してよいものか、今となっては、彼がどんな意図であのメガネを手にしたのか知る由もないが、いずれにせよ、件のアルバム『ポートレイト・イン・ジャズ』は発売当時、その内容とジャケット写真(=メガネ)の双方において“斬新さ”を顕示したアルバムであったと言える。

 残念ながら、岡本氏のショップでは“ビル・エヴァンスと同じ年代の同一色フレーム”は売り切れてしまったそうだが、“同一シェイプの黒いセルフレーム”であれば、希少なデッドストックを在庫している(7月上旬取材時)という。
 
注釈 ※1
タートの愛用者の一人として、32代アメリカ大統領のフランクリン・デラノ・ルーズヴェルトが挙げられることがあるが、現存する写真から総合的に判断する限り、彼がタートのメガネをかけていることは確認できない。

 

次のページへ