Arban

Arban

Column with 証言で綴る日本のジャズ3 康 芳夫 第5話「入国許可がおりなかったマイルス・デイヴィス」 康 芳夫 第5話「入国許可がおりなかったマイルス・デイヴィス」

証言で綴る日本のジャズ3 康 芳夫  第5話「入国許可がおりなかったマイルス・デイヴィス」

COLUMN
INFORMATION

証言で綴る日本のジャズ3

康 芳夫

第5話
入国許可が下りなかったマイルス・デイヴィス



入国許可が下りなかったマイルス・デイヴィス


——AFAでは成功した興行もあれば失敗もあったと思います。

 
 いろんな種類の興行をやっていましたから、失敗もいっぱいあります。その中でジャズは繋ぎです。ボリショイ・サーカスとかのほうがぜんぜん規模が大きい。
 
——ロリンズは問題なく入国できたということですが、ジャズ・ミュージシャンの場合、先ほどの話にもあったように、ドラッグの問題や対策も必要でしたか?
 
 リーダーについては事前にチェックしますが、メンバーの中にヘヴィーなヤツがいると、これはどうしようもない。クスリを調達するのが厄介だったですね(笑)。横浜の黄金(こがね)町に密売組織があって。ぼくはやらないけど、いまのほうがよっぽど入手は簡単ですよ(笑)。
 
——入国した時点で、公安が見張っているようなことはなかったんですか?
 
 前科があればそうかもしれないけど、そこまではなかったですね。でも、だんだん厳しくはなってきました。ぼくがマイルスを呼ぼうとしたのは68年のことだけど、ロリンズのあとに彼を呼ぶ話になったんです(64年の初来日)。
 
 そのときは法務省筋の情報で、「場合によっては入国できないかもしれない」と。それで、ダミーとして、こちらが段取りをして本間芸能(注35)に呼ばせたんです。このコンサート(注36)は大成功でした。ところがそのあとにぼくのところでマイルスと契約して呼ぼうとしたら、今度は入国の許可が下りなかった。
 
 ソニー・レコード(当時はCBS・ソニー)がマイルスのアルバムを出していた関係で、そのルートから契約して、前売り券は4時間で売り切れちゃった。ところが、ギリギリになっても入国許可が下りない。最初から危ないのはわかっていたけど、当時は福田赳夫(注37)先生が幹事長で、同じ派閥に西郷隆盛の孫、西郷吉之助(注38)が法務大臣でいたんです。これがきわめていい加減で(笑)。「とにかく500万用意してくれ」とせがまれた。当時としては大金ですよ。年明け(69年)からツアーが始まるのでギリギリのタイミングでしょ。法務省の仕事納めが29日かな? だけど許可が下りない。
 
——後始末はどうしたんですか?
 
 興行収入が一銭も入らない。契約までにかかった経費も膨大です。損害賠償や各会場のキャンセル料も山のようにきました。マイルスのギャラは1回あたり8000ドル。1回終わるごとにギャラを引き落とすシステムで、5回分の4万ドルをチェース・マンハッタン銀行のパーク・アヴェニュー支店にデポジットしておいたの。
 
 そのお金はいまでもそこに寝たままです。法的にはこちらに権利があるけど、払い戻しにはマイルスの同意を得て裁判をしなくてはならない。その費用が莫大になることを考えたら、割に合わない。それで、そのままになっています。マイルスにさんざん文句をつけたら、「俺が悪いんじゃない。文句は日本政府にいえ」「馬鹿野郎、てめえが変なことしたからじゃないか」。大喧嘩になりました。
 
——マイルスの契約もジャック・ウィットモアと。
 
 そうです。マイルスとは個人的にニューヨークで会ってますけどね。
 
——マイルスの家で?
 
 セントラル・パークの前にある、いまはトランプ大統領がオーナーの「プラザホテル」のバーで会ったのかな? そのときに「お前の家に行く」といったら、「お前なんか来なくていい」。とにかく感情の起伏が激しくて、なかなか厄介な相手だった。マイルスは金持ちの息子なのよ。デンティストの息子ですから、黒人にしちゃ珍しい。ジャズマンとしても収入がいっぱいあった。当時としては、マンハッタンのいいところに住んでいましたね。
 
 彼には教養もありましたし。独自の哲学を持っていて、複雑な黒人問題や社会問題について語り合ったことが懐かしいですね。強烈な個性と屈折した感情に共通するものを感じました。マイルスも機嫌がいいときは「ミスター・コウは面白いヤツだ」といってくれましたし、ある意味で気が合ったんでしょう。だけど結果的には最悪のケースになってしまった。
 
 ぼくにとって、マイルスは憧れのひとでもあります。この間亡くなったジャンヌ・モロー(注39)の映画音楽(『死刑台のエレベーター』)で大成功して。あの映画を観たのが高校のときです。それ以来引く手あまたですから、初対面は「お前みたいなガキがふざけるな、このヤロー」って感じです。なかなか面白い男ではあるけど、一方で厄介な男でもあります。小川さんもお会いしたことがあるんでしょ?
 
——はい。
 
 ある意味、とてもインテリだし。ソフィスティケーションもある。しかし、まともにつき合える相手じゃない(笑)。小川さんはよく20回も会いましたね。お医者さんだから?
 
——そうなんでしょうね。電話をすると「すぐに来い」とかね。
 
 沈んだ声を出すんですよね。なにをいってるのかぜんぜんわからない。
 
 
第6話(10月30日に掲載予定)に続く
 
(注35)本間誠一が経営者で、旭川を拠点に、函館、小樽、札幌などに30数館の小屋を所有。ヤクザ組織と繋がりのない興行会社として知られている。
 
(注36)64年7月に開催された「第1回世界ジャズ・フェスティヴァル」にマイルスのクインテットも参加。他には、J・J・ジョンソン・オールスターズ、ウイントン・ケリー・トリオ、カーメン・マクレエとトリオ、秋吉敏子などが参加。
 
(注37)福田赳夫(政治家 1905~95年)大蔵官僚から52年衆議院議員に転身。農林大臣、大蔵大臣、外務大臣、行政管理庁長官、経済企画庁長官、佐藤栄作政権下で党幹事長、内閣総理大臣(76~78年)などを歴任。
 
(注38)西郷吉之助(政治家 1906~97年)銀行員を経て貴族院議員(36~47年)、自由民主党参議院議員(47~73年)。第2次佐藤内閣(68年)で法務大臣。このころより手形を乱発し、暴力団などを使って議員会館内で債権者に暴力や恐喝を行なう事件を起こし、自由民主党を離党。
 
(注39)ジャンヌ・モロー(フランスの女優・映画監督 1928~2017年)マイルス・デイヴィスが音楽を担当したルイ・マル監督の『死刑台のエレベーター』(58年)をはじめ、フランソワ・トリュフォーの『突然炎のごとく』(62年)など、ヌーヴェルヴァーグの監督たちの作品で国際的名声を得る。

ARCHIVES

PROFILE

小川隆夫
小川隆夫

1950年、東京生まれ。東京医科大学卒業後、81~83年のニューヨーク大学大学院留学中に、アート・ブレイキー、ウイントンとブランフォードのマルサリス兄弟などのミュージシャンをはじめ、主要なジャズ関係者と親交を深める。帰国後、整形外科医として働くかたわら、音楽(とくにジャズ)を中心にした評論、翻訳、インタヴュー、イヴェント・プロデュースを開始。レコード・プロデューサーとしても数多くの作品を制作。著書は『TALKIN’ジャズ×文学』(平野啓一郎との共著、平凡社)、『証言で綴る日本のジャズ』、『同 2』(駒草出版)、『マイルス・デイヴィスが語ったすべてのこと』(河出書房新社)、『マイルス・デイヴィスの真実』(講談社+α文庫)など多数。2016年にはマイルス・ミュージックにオマージュしたバンド、Selim Slive Elementzを結成。2017年8月にデビュー作を発表。