Arban

Arban

Interview with Still Caravan 最新アルバムで見せた
旅の景色
取材・文:松永尚久
写真:GOON TRAX

Still Caravan

INTERVIEW
INFORMATION

 ジャズ、R&Bやヒップホップなど、さまざまな音楽的感性を「生音」と「サンプリング」を駆使して取り入れ、洗練されたサウンドを紡ぎだす5人組バンド、Still Caravan。2014年にGOON TRAXより発売され2万枚のセールスを記録したコンピ盤『IN YA MELLOW TONE 10』、その翌年にリリースしたデビュー・アルバム『Departures』のロング・ヒットによって、知名度を上げてきた彼らがセカンド・アルバム『EPIC』を完成させた。先日は、このアルバムを携えてのライブも好評を博し、ますます勢いにのるバンド。最新作に込めた思いを聞いた。
 
──先日、渋谷Gladでのライブは、満杯のオーディエンスの熱狂のなか行われました。みなさん、とても楽しんでいる表情で、卓越したパフォーマンスを披露されていましたが、ほぼ初めてに近い状態でのステージだったそうですね?
Ryosuke Kojima(Bass、以下Kojima):確かに実際に集まって演奏したことは少ないですが、アルバム制作過程でお互いどんな演奏をするのか良く知っていたので、メンバーの技量や本番での勝負強さも含めて安心して演奏しました。
HiGASHi (Trackmaker):最高でした!ステージからフロアを見渡して、お客さんがとても温かいことを肌で感じられて嬉しかったです。
Shunsuke Suzuki (Dr、以下Shunsuke):Still Caravanとして新たなスタートとなる大切なライブでしたが、メンバー全員が高い集中力を持って臨むことができ、熱気あふれる空間を作ることができましたね。
Hiroaki Nakahara (Piano、以下Nakahara):最高のパフォーマンスができたと思います。今後は、ショーとしてもっとクオリティを上げたいですね。
Takashi Tsurumi(Vo & G、以下Tsurumi):新鮮な気持ちで新鮮な音を発信できたと思います。その時にしかできない音楽を、意識しながら演奏できた感覚がありますね。

──ちなみに。みなさん、Still Caravan以外での活動や、これまでのキャリアは?
Kojima:プロデュース業としては、Still Caravanとはまた違ったジャンルの楽曲制作やレコーディングサポートなどをしています。今年リリース予定のGOON TRAXのアーティストも2人プロデュースする予定です。
Shunsuke:ジャズやソウルなどのライブやセッション、シンガーやバンドのサポートなどを行ってきました。
Nakahara:さまざまなアーティストのサポート活動をしています。音大の打楽器科を出ましたが、自分の居場所を模索するなかで、現在はキーボーディストとして活動しています。
HiGASHi:Still Caravanオンリーです。
Tsurumi:「純度タカシ」という名前で主に弾き語りの活動をしています。DEUCEというブルースロックバンドのメンバーでもあります。
──以前バンドは、トラックメイカーと2MCによる編成だったそうですね。現体制になった理由を教えてください。
Kojima:前メンバーの生活ができあがっていくにつれ、どうしても制作スピードが遅くなっていってしまったからですが、サンプリングと生バンドの演奏を同居させるという構想は初期からあったので、タイミングが合ったという形です。
──話は戻りますが、今回のライブの経験によって、最新作『EPIC』に対する思いの変化、もしくはアルバムの新しい魅力を感じましたか?
Kojima:CDは、それはそれでひとつの完成型ですが、ライブと共にさらに成長していける曲たちだと思いました。
HiGASHi:アルバムはあくまで純粋で抽象的なものですが、ライブはどうしても不純物が出てしまうもので、なんとなくライブの方が私たちっぽさが出たのではないかと思います。『EPIC』もそうですがStill Caravanそのものにも可能性を感じることができました。
Shunsuke:音源として一度完成した『EPIC』ですが、ライブで演奏してみて改めて曲に命が吹き込まれたように感じました。ライブでしか表現できない躍動感を伝えられたな、と。
Tsurumi:弾き応えのある曲が揃っていると思います。また、曲順をかえることでまったく違うストーリーがつくれますし、今後もとても楽しみです。

──アルバム『EPIC』は、どういう思いを持って制作した1枚なのでしょう?
HiGASHi:前作『Departures』を発表以降、メンバーの数人は『IN YA MELLOW TONE』のツアーで全国を廻り、生楽器メンバーは隔月のIN YAセッションに参加するなど、充実した活動をしてきて、その成果としてこのアルバムができたのだと思います。もともと仲はよいと思いますけど、言葉にはできない各人の独自性をお互いに理解しあえてきたのではないかなー、と個人的に感じていますね。このアルバム制作においては、単純に良い音楽を作りたい、自分たちにしか作れない作品を生み出したい、ということが先決していて、言葉ではとらえきれない部分で、コンセンサスが自ずととられてきたのかなと感じています。
──前作と制作に違いはありましたか?
Kojima:作曲においてもアレンジにおいても、より各メンバーの個性をそのまま活かす方向になりましたね。
──演奏パート的に、今回のアルバム制作でこだわったことはありますか?
Kojima:サンプリングのリズムと生のドラムをうまく接着できるように試行錯誤しました。
HiGASHi:いろいろと機材が壊れていたので、MPC Touchを導入しました(笑)
Nakahara:僕は特に変わらず。いつもベストを尽くすのみです。
Shunsuke:前作では主にドラムのレコーディングを行うのみでしたが、今回は楽曲全体を見据えてのアプローチで関わるよう意識しました。
Tsurumi:今作で初めてボーカルを担当したので、自分の声とStill Caravanのサウンドの交わり方は試行錯誤しました。
──アルバムを通じてリスナーに感じてほしいこと、また見てほしい景色はありますか?
Kojima:一見バラけたように聴こえるかもしれない楽曲間の統一性や構成のグラデーションを感じていただけたら、と思います。
HiGASHi:アルバム収録曲「Mountain In The Mirror」のタイトルを考えていた制作途中に出た話題ですが、館山市の北条海岸からみえる海越しの富士は、特に秋から春にかけてとてもきれいです。館山湾は岬に囲まれて波が静かで、昔から鏡ヶ浦と呼ばれてきました。海に富士山が映ります。そして、なぜか冬のある日、とてつもなくでかくなって、畏れを抱くんです。そんな情景も思い浮かべながら聴いてほしいですね。
Shunsuke:曲調はさまざまですが、どの曲も目を閉じて聴くと情景が見えてくるものばかりです。アルバムを聴きながら、都会の高速道路から田舎の単線線路、そして海から空まで、とStill Caravanの旅を楽しんでください。
Nakahara:リスナー個々が自由に解釈してほしいですね。
Tsurumi:Nakaharaと同じく、個々が自由にStill Caravanを感じてほしいです。
──今後は、どんな音楽を追求していきたいですか?
HiGASHi:2枚のアルバムを完成させ、なんとなく他のジャンルの音楽っぽいフレーズでも料理できることが感覚として掴めてきました。なので、今後はより個々のオリジナルに迫って、出てきたものをジャズ的なアプローチを基軸にぐちゃぐちゃにして、無駄なものをそぎ落として残った音を出していきたいです。
Kojima:これだけクロスオーバーの進んだ時代ですから、目新しさを狙ったミックスよりも、5人の個人個人の嗜好を自然に混ぜ合わせていくのが正解かな、と思います。
 





作品情報
アーティスト:Still Caravan
タイトル:EPIC
レーベル:GOON TRAX
発売日:2017年1月18日
 
■iTuens Store
https://itunes.apple.com/jp/album/epic/id1190060230
 
■Amazon
https://www.amazon.co.jp/EPIC-Still-Caravan/dp/B01MXKUCJ4/ref=pd_sbs_15_t_0?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=VTDQ2AB2DKPQX7ETT22V

 

インストアライブ情報
開催日:2月18日
時間:17時~
会場:TOWER RECORDS 渋谷店 6F
料金:無料

LATEST
ARTICLE

ニルス・ラン・ドーキー&デビー・スレッジ
INTERVIEW2017.07.21

ニルス・ラン・ドーキー&デビー・スレッジ

デンマークを代表するジャズ・ピアニスト、ニルス・ラン・ドーキーの最新作『Improvisation on Life』。ベーシストのトビアス・ダル、ドラマーのニコラス・バルデレベンとのピアノ・トリオで吹き込んだアルバムだ。今作では、ニルスのオリジナルに加えて、マイケル・ジャクソンの「Man In The Mirror」や、ラベルの代表曲「Lady Marmalade」、ノラ・ジョーンズで知られる「Don’t Know Why」、ビージーズの「How Deep Is Your Love」などのカバーも収録。

VIEW MORE