Arban

Arban

Interview with サンダーキャット 超人の知られざる過去と
ベースギターへの想い
前編
取材・文/林 剛
撮影/天田 輔

サンダーキャット

INTERVIEW
INFORMATION

 盟友ケンドリック・ラマーや憧れのファレル・ウィリアムズ、ウィズ・カリファらを招き、大御所のマイケル・マクドナルドやケニー・ロギンスとのAORなコラボも披露した最新作『Drunk』が広く注目を集めるサンダーキャットが、本人名義としては初めてとなる来日公演を実現させた。4都市を廻るツアーをこなし、取材も殺到というハードスケジュールの中、猫耳パーカーをかぶった男は眠そうな目をこすりながら愛らしい表情で質問に答えてくれた。

──今回、初めての単独来日公演でしたが、じつは以前、あなたの本当の“初来日ステージ”を観ているんです。あれは2002年の11月だから、もう15年ほど前の話ですが、リオン・ウェアの初来日公演(大阪/福岡)にバック・バンドの一員として来日していましたよね。

「ワォ! マジかよ。あのステージを見てるんだ!」

──当時のあなたはまだ18歳になったばかりで。

「うん、まだ若造だったねぇ(笑)」

──ちょうどスイサイダル・テンデンシーズに参加し始めた頃ではないですか?

「そうだね。あのときのショウに関して言うと、リオンは若いバンド・メンバーを探していて、自分や兄(ロナルド・ブルーナーJr.)、キャメロン・グレイヴスを誘ってくれたんだ。当時の僕はリオンの曲を知らなくてさ(笑)、リハーサルのときに何でマーヴィン・ゲイの“I Want You”をやるのか不思議に思っていたら、じつはリオンが書いた曲だってことをあのとき知ったんだ。ライブではマーヴィンと一緒になれたような気持ちになったよ。あと、リオンのことを尊敬している日本人がたくさんいたのも驚いた。一般的にはマーヴィンとかモータウンが凄い! ってなるところを、日本では仕掛け人がリオンであることを理解して尊敬しているのが凄いなと」



──リオンが亡くなった今となっては貴重な経験だったと思いますが、その時のメンバーがヤング・ジャズ・ジャイアンツで、それがウェスト・コースト・ゲット・ダウンに発展して、ケンドリック・ラマーやフライング・ロータスらとのコラボに繋がっていくあたりも、いま思うと痛快です。

「まさにそうだよね。日本に行ったのも初めてだったし、リオンを通して日本を見ることができたと言ってもいい。本当に素敵な経験で、あれから僕の人生が変わったんだ」

──その経験が、新作『Drunk』の収録曲「Tokyo」になった、と。

「そう。リオンのライブでは東京に行かなかったけど、以来15年間(エリカ・バドゥのライヴなどで)何度も日本に来て、渋谷に行ったりとか、そういう体験を凝縮したような曲だね。歌詞ではガンダムカフェについて歌っていたりするけど、“誰かを妊娠させてやろう”っていうフレーズはリオンからの影響だよ(笑)」
 

比類なき音楽家の血脈
ベースの師匠も判明


──ドラマーであるお兄さんのロナルド・ブルーナーJr.は最近ソロ・デビュー作『Triumph』を出しましたが。

「凄く誇りに思っているよ。アルバムのリリースが実現したこと自体が素晴らしいし、よく言われるようにファースト・アルバムはその人の人生のすべてで、それでジャッジされるわけだけど、勇気をもってやったと思う」

──一方、弟のジャミール“キンタロー”ブルーナーは、少し前までジ・インターネットに参加していた鍵盤奏者ですね。あなたが新作で披露した“Jameel’s Space Ride”というシンセ・ポップ風の短い曲は、弟さんと関係があるのでしょうか?

「うん、自分はいつも弟のことを考えていて、彼からインスピレーションをたくさん貰っているんだ。弟のTwitterを見ていてもわかるけど、彼は常に自分が作った音楽をアップして、いろんなことを考えながら精力的に活動している。あのクリエイティブなプロセスを自分も理解したいと思っているほどだよ。今のアメリカでは若い黒人の命が軽んじられて厳しい状況にあるけど、そんな状況に立ち向かってクリエイティブであり続けている弟はタフだと思うし、敵に回したくない存在だ」

──お父さんも、昔エレクトラからフレッド・ウェズリーらがプロデュースしたアルバム(79年)を出していたカメレオンというバンドのドラマーでしたよね?

「自分の家族は音楽一家で、いろんなエモーションが混在しているというか、他の家族と比べるとかなり強烈な環境だったね。父のグループに関してはあまり多くのことは知らないんだけど、確かに父にとって転機になったバンドだった。フレッド・ウェズリーと友達だったという話も聞いている。でも父は自分の音楽についてあまり話さなかったんだ。それは感情的になってしまうからだと思うんだけど。カメレオンにはジェラルド・ブラウン(愛称はGet Down。マーヴィン・ゲイのアルバムにも参加)というベーシストがいて、父と仲が良かったので自分にとっては叔父さんみたいな感じだった。じつは俺、彼からベーシストとしていろいろ教わってたんだ」

後編へ続く


取材協力:BEATINK http://www.beatink.com/Labels/Brainfeeder/Thundercat/

LATEST
ARTICLE

A CUP OF MUSIC #01
COLUMN2017.10.06

A CUP OF MUSIC #01

このたった数年で東京におけるコーヒーの在り方が変わってしまったような気がする。老舗の純喫茶は今も存在するし、スターバックスにだってお世話になりっぱなしだけれども、以前と異なるのは若い経営者の営む新しいお店が続々と生まれて、お店と街の、店主と常連の関わり方に変化が生まれてきている。“アメリカ西海岸”の云々だとか“サードウェーブ的な〜”とか飾りの形容詞は一旦忘れて、東京の街をより魅力的にするコーヒー屋とその常連にお時間をいただき、お店と人と音楽について語るarban的コーヒー企画。

VIEW MORE