Arban

Arban

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015」徹底解説 松浦俊夫×橋本徹(SUBURBIA)
INTERVIEW2015.09.21

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2015」徹底解説
松浦俊夫×橋本徹(SUBURBIA)

音楽フェスティバルとしては世界最大級の規模と歴史を誇るモントルー・ジャズ・フェスティバル。スイス・レマン湖畔で毎年開催される同フェスの“日本版”が、この10月に東京で開催される。国内のミュージシャンはもちろん、世界各国から俊英プレーヤーが結集。のべ12日の期間中、4つの会場でパフォーマンスが繰り広げられるのだが、気になるのはその中身。

VIEW MORE
JOYCE MORENO
REPORT2015.09.16

JOYCE MORENO

BLUE NOTE系列のCOTTON CLUBは、禁酒法時代の1920年代、ニューヨークのハーレムで華やいだナイトクラブのエッセンスを現代に取り入れた大人の遊び場。エントランスのレッドカーペットを通り抜けると、音符をかたどったシャンデリアがきらめく洗練された空間が広がる。丸の内に集まった大人たちは開演までの時間、猛暑で渇いた喉を潤し、とっておきのフレンチを囲んで会話を楽しんでいる。  照明が落ち、ホワイトにブラックのラインがクールなサマードレスをまとってジョイスが現れた。

VIEW MORE
熊谷和徳
INTERVIEW2015.07.23

熊谷和徳

「カズノリ・クマガイはジャクソン・ポロックのように踊る」  そう評したのは、アメリカで最も権威あるダンス専門誌『Dance Magazine』である。同誌は2006年の特集記事「25 to Watch(注目の25人)」で日本のタップ・ダンサー熊谷和徳を選出し、彼のステップを「まるで抽象表現主義(絵画)の巨匠、ジャクソン・ポロックが絵を描いているかのようだ」と表現したのだ。

VIEW MORE
新宿 Pit Inn 50th Anniversary 鈴木勲 3DAYS
REPORT2015.07.16

新宿 Pit Inn 50th Anniversary 鈴木勲 3DAYS

今年、50周年を迎えるジャズ・クラブの老舗、Pit Inn(東京都新宿区)。今年に入り、50周年イヤーということで、毎月Pit Innに所縁あるミュージシャンがアニバーサリーとして出演してきている。ピアニストの山下洋輔、サックスフォンの渡辺貞夫、トランペッターの日野皓正をはじめ、大友良英がビッグバンドで出演したりとジャズ・ファンには、たまらない公演が続いていた。

VIEW MORE
鈴木勲
INTERVIEW2015.07.01

鈴木勲

楽器の音色に驚き感動した出来事があった。中学生になったばかりの頃に開かれた部活動紹介。その時に吹奏楽部の先輩が吹いたフルートの音色の美しさに、青いながらも感動したのをはっきりと覚えている。それから20年、楽器の音色に再び感動し、私の楽器に対する原風景を鮮やかに甦らせるきっかけとなったのは、今年82歳になるジャズ・ベーシスト鈴木勲のベースの音だった。

VIEW MORE