Arban

Arban

ジャズ批評家 ナット・ヘントフ死去

NEWS
INFORMATION

2017.01.11

ジャズ批評家 ナット・ヘントフ死去

 ジャズ批評家のナット・ヘントフが1月7日、91歳で亡くなった。息子のニック氏によると、ヘントフはマンハッタンの自宅アパートで家族に囲まれ、ビリー・ホリデイを聴きながら息を引き取ったという。
 ナット・ヘントフは1950年代から『ダウンビート』や『ビレッジ・ボイス』で編集者を務め、ワシントンポストやウォールストリート・ジャーナルといった新聞、雑誌などにもジャズ批評を寄稿。いわゆる“ジャズの名盤”とされる作品のライナーノーツにも数多くその名を残している。