Arban

Arban

​スティーブ・マッコーリーがギル・エヴァンスのトリビュート公演開催

NEWS
INFORMATION

2017.08.18

​スティーブ・マッコーリーがギル・エヴァンスのトリビュート公演開催

 米キーボーディストで作曲家のスティーブ・マッコーリー(ステファン・マッコーリー)は、9月30日に米サンフランシスコの「SFジャズセンター」で、彼のバンド「Steve McQuarry's Mandala Nonet And Orchestra」とともに、故ギル・エヴァンスのトリビュート公演を行なう。

 同公演では、クロード・ソーンヒル・ビッグ・バンドと書き上げたエヴァンスの初期作品や、マイルス・デイビスやケニー・バレルらと書き上げた後期の作品などを、19人から25人編成で演奏するほか、マイルスの『クールの誕生(Birth Of The Cool)』から3曲を9人編成で披露する予定だという。

 マッコーリーはエヴァンスの作曲法について以下のようなコメントを残している。

「ギル・エヴァンスが考案したオーケストレーションや楽器をまったく違う角度で利用した方法は本当に魅力的でね。マリア・シュナイダーとこのことを話していたことを覚えてるんだけど、彼女は『たとえばトロンボーンのパートが非常に高くて、学校なんかで教育を受けてきたアレンジャー達はまずやらないわね。これらがいかに音のテクスチャーや音質に影響を与えてきたかわからないわ』と言っていたよ」

同公演のトレーラーはこちらから