Arban

Arban

ジャズレジェンドによる新ユニット
新作を引っ提げた初来日公演
2017 01.12 thu. - 01.14 sat.  @Blue Note Tokyo
取材・文:熊谷美広
写真:佐藤拓央

ジャズレジェンドによる新ユニット 
新作を引っ提げた初来日公演

REPORT
INFORMATION

 現在78歳の、ジャズ界のレジェンドの1人であるチャールス・ロイド。1960年代には、当時まだ若手だったキース・ジャレットやジャック・ディジョネットを擁するグループで、いち早くジャズ・ロックにアプローチしたり、また80年代には、当時まだ無名だったミシェル・ペトルチアーニをグループに抜擢するなど、卓越した音楽センスで、ジャズ・シーンを駆け抜けてきた。
 そんな彼が2015年から活動しているユニット“ザ・マーヴェルス”を率いて来日した。メンバーは、ビル・フリゼール(g)、ルーベン・ロジャース(b)、エリック・ハーランド(ds)。彼らが昨年リリースしたアルバム『I Long To See You』に参加していたグレッグ・リース(g)は不参加だが、それでも興味深い実力派揃いだ。
 4人がステージに登場し、フリゼールのソロ・ギターによるイントロから、テナー・サックスとギターのユニゾンで、カントリー・ゴスペル・テイストの「Anthem」が奏でられ、ライブはスタートした。その後は最新アルバム『I Long To See You』と、2009年のアルバム『Mirror』収録曲を中心にプレイ。ロイドのテナー・サックスは力強く、ときにメロディアスに、そしてときにアグレッシブなソロを聴かせ、存在感抜群だ。ゴリゴリと吹く、ぶっといソロが心地いい。そこにフリゼールの繊細かつ大胆なギターが、全体をふんわりと包み込んでいく。
 リズム・セクションの2人も確実なプレイでロイドとフリゼールをしっかりとサポート。全体の音数は多くはないが、4人それぞれが、しっかりと自己主張をしており、それがこのグループの個性になっている。ロイドの代表曲のひとつである「Of Course, Of Course」では、セカンドライン風のリズムに乗せてロイドがフルートをプレイするなど、彼らの幅広い音楽性をセンスよく表現していた。



 このグループの、もうひとつの大きな魅力は、やはりフリゼールのギターだ。スケールが大きく、ゆったりとした、空間をユラユラと泳ぐようなギターが、ロイドのテナーと融合することによって、不思議な化学変化を起こしていく。「剛」のロイドと「柔」のフリゼール、といった感じだろうか。だがそんな2人が絶妙にフィットしている。ロイドがソロを取っていない時は、完全なギター・トリオの状態になるので、まさにフリゼールの本領発揮だ。メロディアスだが、やっぱりちょっとひねくれたソロは、やはり彼ならではだ。ロイドも、フリゼールには全幅の信頼を置いているようで、そんなフリゼールのプレイをニコニコと微笑みながら見つめ、また興が乗ればパーカッションで参加していく。


 
 後半、マイナー・ワルツで心地よくグルーブした「Little Peace」(1964年の『Discovery!』に収録)、そしてカリプソっぽいリズムの「Passin' Thru」(ロイドが参加した、チコ・ハミルトンの1962年作品『Passin' Thru』に収録)で、4人がハッピーに盛り上がる。アンコールでは、ロイドとフリゼールのデュオによる「Abide With Me」がしっとりと演奏され、この日のライブは感動的に幕を閉じた。
 チャールス・ロイドの強烈な個性と、まだまだ衰えないバイタリティ、フリゼールのワン&オンリーの個性、そしてザ・マーヴェルスの充実ぶりが伝わってきたパフォーマンスだった。今年一発目にして、今年のベスト・ライブのひとつに挙げられるような、素晴らしい舞台だったといえるだろう。

LATEST
ARTICLE

ジャズマンのファッション
COLUMN2017.08.04

ジャズマンのファッション

現在のハリウッドスターやポップスターがそうであるように、かつてジャズマンはファッションリーダーとしての役割も担っていた。そんな彼らのスタイルは、その音楽と同様、現代でもさかんに引用されている。本連載では、そんな「ジャズの名盤レコードのジャケット写真として遺され名演とともに記憶されたファッション」について、さまざまなテーマで考察していきたい。

VIEW MORE
小曽根 真
INTERVIEW2017.08.03

小曽根 真

 ジャズ・フィールドでの華麗な経歴はいまさら説明するまでもない。近年は交響楽団や室内管弦楽団とも共演を重ね、いわゆるクラシックの世界でも国際的な活躍をみせる小曽根真。こう書くと“優艶なピアニスト”のイメージだが、この8月に発売される最新アルバム『ディメンションズ』を聴くと、氏が“奔放で気骨あふれるジャズマン”であることを改めて思い知らされる。

VIEW MORE